セミリタイアへの道のり

はやくFIREしたい

【節約・貯金】どこの自動車保険が一番安い? 毎年更新時に見直してます

こんにちは、ぺんです。

先日ホンダのフリードに加えて、通勤用に日産のノートを購入しました。

固定費を削るためにもより安い自動車保険への加入が必須ですので、毎年恒例のネット自動車保険相見積もりをやりました。

 

 

使ったサイト 

私は一社一社手打ちで調べましたが、

↓こんなサイトもあります。

保険の窓口インズウェブ

 

見積もり条件(スマホの人は横表示にすると見えます)

年齢:30歳 ゴールド免許 夫婦限定契約

事故係数適用期間:0年

 

フリード

ノート

車両保険種類

一般条件

一般条件

車両保険金額

130万円

なし

車両免責金額

20万円

なし

車両保険に関する特約

 

車両全損時臨時費用特約

車両超過修理費用特約

事故代車費用特約

身の回り品補償特約

車両搬送時諸費用特約

(自動付帯)

他車との衝突

補償されます

なし

火災・爆発・台風など

補償されます

なし

盗難事故

補償されます

なし

単独事故

補償されます

なし

賠償・傷害

 

対人賠償

無制限

無制限

自損事故傷害特約

1,500万円

1億円

無保険車事故傷害特約

無制限

2億円

対物賠償

無制限

無制限

対物免責金額

20万円

20万円

対物超過修理費用特約

20万円

搭乗者傷害

死亡・後遺障害保険金額

付帯しない

付帯しない

人身傷害

2億円

1億円

人身傷害の自動車事故特約

その他

 

ノンフリート等級

10等級

6S等級

ファミリーバイク特約

その他特約等

インターネットによる

契約に関する特約

インターネットによる

契約に関する特約

弁護士費用特約

ゴールド免許割引

ゴールド免許割引

 

個人賠償責任特約

 

 

契約に当たって重要視したこと

過去記事参照。

www.seasnack1.com

 

変えた点としては、

車両保険:ノートは年式が古く本体価格も安いので付けなかった。

人身傷害の自動車事故特約:どちらの保険についていれば全てカバー可能

弁護士特約:どちらの保険についていれば全てカバー可能

個人賠償責任保険:どちらの保険についていれば全てカバー可能

 

見積もり結果

主に通販型から見積もりを取りました。

 

フリード

ノート

1

SECOM

34540

アクサダイレクト

30920

2

楽天

35930

SECOM

40190

3

イーデザイン

40330

SBI

40500

4

アクサダイレクト

40550

三井住友海上

41070

5

三井住友海上

43840

ソニー

41110

6

おとなの保険

45450

イーデザイン

44790

7

SBI

46190

楽天

48890

8

ソニー

46950

おとなの保険

52580

9

あいおいニッセイ

85870

あいおいニッセイ

53220

10

東京海上日動

89260

東京海上日動

67950

 

セコムは安定して安いですが、等級の低いノートではアクサダイレクトに1万円以上の差で負けています。

等級が高い車:セコム

等級の低い車:アクサダイレクト

がいいのかも?

 

契約した会社

当然最安値のセコムとアクサダイレクトを契約しました。

毎年見直して出来るだけ固定費を下げたいですね。

注目記事