セミリタイアへの道のり

ゆくゆくはeMAXISおじさんと呼ばれたい

【ライフハック】フローリングのワックスがけはブラーバとウルトラタフコートが一番楽かもしれない

こんにちは、ぺんです。

 

 家のフローリングがワックスでピカピカしているとそれだけで気分がよくなりますよね、しかもワックスには汚れをつきにくくする効果もあるので一石二鳥です。

 

 しかしワックスは生活していると剥がれる上に、特にワックスがけはうんざりするほど疲れます。

 今回はこのワックスがけを楽にする方法について考えて見ました。

 

 

我が家の元々のワックスがけの手順

  1. 家具を全てどける
  2. 床を雑巾で水拭きする
  3. 雑巾でワックスを塗る

 

ワックスがけの問題点

  1. 家具をどけるのが面倒
  2. 水拭きが面倒
  3. ワックスがけが面倒
  4. ワックスがすぐ剥がれる(リンレイオールは6ヶ月持つと書いているが、我が家が子供が走り回るので3ヶ月くらいで跡形もなく剥がれる)

と時間も手間もかかります。

プラス剥がれるのをわかっていて塗るワックスほど虚しいものはないです。。。

 

ワックスがけの最適解を探してみた

  • 家具をどけるのが面倒&水拭きが面倒な問題に対して
    日常的に床掃除に使用しているブラーバジェットとブラーバ専用洗剤を使うことで解決。ブラーバジェットはもちろん洗って再利用可能なモップパッドを使用。
     
     ワックスがけの3日前から毎日ブラーバジェットをかけることで、雑巾で水拭きをしても汚れはつかず、床はきれいになることを確認しました。なによりブラーバジェットは家具の隙間を通って掃除してくれるので家具もどかさなくて大丈夫なのでgood。

 

 

 

  • ワックスがけが面倒な問題に対して
     リンレイのオールワックスワイパーEXを使用。立ちながらクイックルワイパー感覚で床にワックスがけができます。
     雑巾がけで腰を痛めることなく、さらに雑巾よりきれいに均等に塗ることができます。

 

  • ワックスがすぐ剥がれる問題に対して
     リンレイ ウルトラタフコートを使用。これは通常6ヶ月の耐久に対しなんと4倍の2年耐久。とにかくワックス皮膜が固くて剥がれないらしい。
     我が家は子供が走り回って2倍早く剥がれることを考えても1年持ちます。

 

実際にやってみた

ブラーバジェットにせっせと床を磨かせます

 

f:id:seasnack1:20200609214311j:plain

 

磨いた後、ワックスがないので艶がありません

 

f:id:seasnack1:20200607215452j:plain

 

オールワックスワイパーEXに付属するトレイにワックスを入れます、突起が隠れるまで入れます。

f:id:seasnack1:20200607215426j:plain

f:id:seasnack1:20200607215429j:plain

 

ワイパーシートをワイパーにつけます、ワイパーシートはワックスをたっぷり保持できるように厚手仕様

 

f:id:seasnack1:20200607215435j:plain

f:id:seasnack1:20200607215437j:plain

 

1回塗り、乾いた後にもう一度塗ります、光沢が増しているのがわかります

f:id:seasnack1:20200607215445j:plain

f:id:seasnack1:20200607215448j:plain

 

まとめ

 ワックスがけをするとき、家具をどけない、かかんで水拭きをしない、かかんでワックスがけをしない、ワックスが剥がれにくい方法を考えて見ました。

 これが一番楽なんじゃないですかね、さらに楽な方法があるかはワックスが剥がれるであろう1年後にまた考えてみます。