セミリタイアへの道のり

はやくFIREしたい

【節約・貯金】〜食費節約〜イオン・マックスバリュの株主優待を比較してみました

こんにちは、ぺんです。

 

 我が家はイオンの株主となっており、オーナーズカードとイオンカードセレクトの併用で、食料品や日用品を4~9%安く購入しており、節約に役立てています。 

 

www.seasnack1.com

 

 一方我が家の支出の15%(年間55万円)は食費が占めており、これを削ることでさらなる節約が可能となります。

 では具体的にどうしたら良いでしょうか?少し考えて見ました。

 

www.seasnack1.com

 

 

株主優待で食費をさらに節約しよう

 実はイオン(8267)の株主優待以外にも、イオンは多数の系列会社や子会社を所持しており、それぞれに株主優待があります。

 たとえばマックスバリュ西日本(8287)の株主優待は以下の通り、

f:id:seasnack1:20200530211553j:plain

マックスバリュ西日本株式会社 | 株主優待制度より 

 株を所持するだけで、毎年の配当に加えて1回の買上金額1,000円(税込)以上につき、1,000円ごとに100円券1枚を利用できる優待券がもらえます。

 

イオン系列の優待利回り比較

 値引券を株主優待としてもらえる系列会社や子会社をピックアップしてみました。表が見切れているときはデスクトップ表示で見るとうまく見えます。

 色々吸収合併されていて、現在上場しているのは下の4つのみになります(2020/5/30時点)

 

2020/5/30時点のデータ

市場

証券コード

優待額

配当利回り

最低購入単位

実質利回り

マックスバリュ西日本

東京2部

8287

5,000

3,800

159,000

5.53%

イオン北海道

東京1部

7512

2,500

1,200

78,200

4.73%

マックスバリュ東海

東京2部

8198

5,000

4,700

235,200

4.12%

イオン九州

東京JQS

2653

5,000

1,000

178,900

3.35%

※1. マックスバリュ中部は東海が吸収した

※2. マックスバリュ東北はイオンが吸収した

※3. マックスバリュ九州はイオン九州に2020/9/1に吸収される予定

 

 個人的にはイオン北海道が東証1部なのが意外でした。一番利回りがいいのはマックスバリュ西日本で、5.53%もあります。

 

まとめ

 値引券を株主優待としてもらえるイオン系列の株を全て最低購入単位で購入すると、約65万円で年間17,500円の値引券がもらえることがわかりました。

 利回りは4%程と結構お得なので、我が家は今年の余剰資金があったら購入を考えています。