セミリタイアへの道のり

育児、節約、投資、旅行中心です

【子育て】ストローマグの簡単洗浄♪ ピジョン・つけおきCLEAR BABYを使ってみた

 皆さん、ストローマグの洗浄ってどうしていますか?

 

 私はストローを洗うのがめんどくさいので、できるだけストローを使わずに、早くからコップ飲みを練習させました。

 

 そうは言っても、お出かけのときはどうしても使わざるを得ないストローマグ。我が家では、各パーツを分解し、食洗機に突っ込んで、他の食器と一緒に洗っていました。ちなみに、使っているのはピジョンのマグマグ。

 

 

f:id:seasnack1:20200119155717p:plain

 

 食洗機で洗うと、どうも綺麗になっていないのでは?ということがあります。特に、油ものと一緒に洗うと、なんかキュキュッとしない。ひどいときはちょっと曇っていたり、油臭かったり。そうなると、結局手洗いしなければなりません。

  

 そんなときに、インスタで目に止まったのがコレ。ピジョンのつけおきCLEAR BABYです。 

 

 

 西松屋で買ったほうが安いかも。私は西松屋のセールで、600円くらいで買いました。

 

  クリアベビーとは、

ベビーマグや食具、おもちゃなど、スポンジの届きにくい汚れを10分つけおくだけでスッキリ。酸素パワーで汚れを浮かして分解し、さらに除菌(※)・消臭してくれるつけおきする漂白剤です。

冷たい水(10℃)にも溶ける粉末タイプ。
シュワシュワと酸素の細やかな泡ですみずみまで洗浄。様々な汚れにも高い洗浄力を発揮します。油、食べ物汚れも落とせます。
6時間後も洗浄力が継続するので、ひどい汚れも一晩でスッキリ。

お口に入る離乳用品にも安心してお使いいただける、植物由来の洗浄成分(界面活性剤)を採用。
酸素系なので、つけおき後のニオイも気になりません。

 

PigeonのHPより引用

 

 上記の引用で説明されている通りで、特に追記するようなこともないのですが、せっかく使ったので使い心地をレビューしていきます。

 

 

ピジョン・クリアベビーの使用感レビュー

f:id:seasnack1:20200119162028j:plain

 大きさはこんな感じ。350g入っています。水1Lあたり5g使用するので、だいたい70回分。

 1回10円以下と思えば、コスパ的にはOKかな。

 

f:id:seasnack1:20200119162316j:plain

 フタで計量して使います。

 真ん中の突起の一番上まで入れると10g。その半分で5g。正直わかりづらい。

 それに、蓋に入れるときにこぼれやすい出し過ぎちゃったときに戻すのも難易度が高いです。私が不器用なだけかもしれませんが...。

 

f:id:seasnack1:20200119163312j:plain

 今回洗浄するのはこのマグ。一応食洗機で洗浄後なのですが、若干曇っています。キュキュッ感もなし。

 

f:id:seasnack1:20200119162853j:plain

 それでは早速、ボウルに水とクリアベビーを入れます。と同時にすごい発泡!この泡で汚れを浮かせていくようです。

 

f:id:seasnack1:20200119163117j:plain

 マグを分解して入れます。

 このまま1時間放置。商品の説明書きによると、つけおくのは10分でもOK。汚れが酷いときは一晩漬けてね、ということです。

 

f:id:seasnack1:20200119163448j:plain

 1時間後。泡はすっかり落ち着いています。マグを取り出し、流水でよく洗います。

 果たして、綺麗になっているのでしょうか...?

 

f:id:seasnack1:20200119163539j:plain

 じゃじゃん!

 曇りがなくなり、透明感バッチリ!触ってみると、キュキュッと感が復活。ぬめりなしです。

 

f:id:seasnack1:20200119170608j:plain

 クリアベビー使用前(左)と使用後(右)を並べてみました。右のほうが、透明感があります。伝わりますでしょうか?

 ストローは見た目の差がわかりづらかったので写真は載せていませんが、臭いもとれ、すっかり洗浄出来た感じがしました。

 

 

 という感じで、クリアベビーは、多少の扱いづらさ(計量のしにくさ)はあるものの、その洗浄効果はバッチリ。

 ストローの中をブラシで擦る面倒くささを考えれば、クリアベビーを買う価値アリです

 

 

クリアベビーの成分は?

クリアベビーの成分は、

  • 過炭酸ナトリウム
  • 界面活性剤(ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)
  • アルカリ剤(炭酸塩)
  • 水軟化剤(クエン酸塩)
  • 酵素

となっています。

この中で、界面活性剤が植物成分由来らしいですね。

(植物成分由来だから安全・安心ってわけではないと思いますが)

 

 過炭酸ナトリウムは、薬局や100均でも手に入ります。クリアベビーで洗浄成分として主に働くのは過炭酸ナトリウムでしょうから、市販の過炭酸ナトリウムで代用しても、同じような洗浄効果を得られる気がします。

 ただ、子供の口に入り得るものですから、「ベビー用品」と銘打ったものを使う方が安心ですね。大して高いものでもないし、ここはケチるポイントではないでしょう。

 

 

 

 クリアベビーのレビューは以上になります。興味を持たれた方は、一度使ってみてくださいね!

 

 なんだかピジョンの商品ばっかりオススメしている気がしますが、私はピジョンとは一切関係ありません。単に良い商品が多いってだけです。でも、微妙なときは微妙!って正直にレビューしていきたいと思います!