セミリタイアへの道のり

育児、節約、投資、旅行中心です

【節約・貯金】常時還元率4%、最大還元率9+α%!イオン経済圏のすすめ

こんにちは、ぺんです。

以前に我が家では生活費の決済にイオンカードを使用している記事を書きました。

www.seasnack1.com


今回は我が家が愛用しているイオンの各サービスについて書いていこうと思います。

◯◯経済圏で生活するとは?

俗に言う〇〇経済圏で生活するとは、日常の買い物を同じ企業の提供するサービスに絞ることで、還元率が上がったり、ポイントが多く溜まったりとお得になることです。

最近ですと、楽天経済圏やAmazon経済圏をよく聞きます。

その中でも私がおすすめしたいのが、イオン経済圏です。以下にそれぞれの経済圏の比較をしました。

 

f:id:seasnack1:20191025230504p:plain

 

上からわかる様に、楽天やAmazonはネット通販に強い一方で、イオンは実店舗で買い物した時の還元率がダントツで高いです。

 

一体いくらの人がネット通販に実店舗以上のお金をかけているでしょうか?

 

割引があるなら実店舗の方がお得だと私は考えます。

 

イオン経済圏のメリット

たくさんありますが、以下に我が家が主に利用しているサービスを挙げていきます。

  1. イオン系スーパーの買い物で最大9%引き
    イオン系スーパーとして、首都圏だとまいばすけっとやダイエー、私の住んでいる中国地方だとマックスバリュやマルナカが挙げられます。

    これらの店において、イオンセレクトカードの1%還元(WAONポイントで還元)+オーナーズカードの3%還元(現金でキャッシュバック)を受けることで、常時4%の還元が受けれます。

    さらに20日30日の5%オフデーに行くと、割引率はなんと9%に達します。

  2. イオン銀行の金利が通常の150倍
    日銀のマイナス金利政策のため、メガバンクの普通預金金利は0.001%とほぼ0に等しい水準になってしまいました。

    一方で、イオン銀行の普通預金の金利は、なんと相場の150倍の0.15%です(プラチナステージ)。

  3. イオン系列の専門店で優待が受けられる
    イオン経営の飲食店や、専門店が3~10%割引で利用できます。

    中でも我が家がよく利用しているのがイオンシネマでの優待です。

    なんと大人の映画鑑賞料金が1000円になる上に、ドリンクかポップコーンのsサイズも無料で付いてくるのです。

  4.  イオンラウンジに入れる
    イオン内にある限られた人しか入れないオーナズラウンジに入れます。

    ここでは、トップバリュ商品の試食や試飲ができます。

    が、最近は人が増えすぎて混雑している上に、試食品もだんだん貧相になっているので、我が家は足が遠のいてます。

  5. イオン銀行の振込手数料&引き出し手数料がそれぞれ月5回無料
    プラチナステージの会員特典です。手数料は220円/回なので、月に何回もATMや振込を利用するようでしたら大分お得になります。

  6. 配当がもらえる
    イオンの株主になることで、配当がもらえます。

    2019年度は、1株当たり年間36円を予定しているので、100株所持していると年3600円もらえます。

イオン経済圏に入るには?

以下の2つが必要になります。

  1. イオンカードセレクトを作る
    今ならなんと常時10%還元みたいです。

    さらに紹介コード「671U23」を入力することで1500円分のポイントが追加でもらえます。

    www.aeon.co.jp


  2.  イオンの株主になる
    2019/10/25現在22万円でなれます。

    ぜひ証券口座を開設して、イオンの株主になりましょう。

    www.aeon.info


まとめ

 イオン経済圏に入ることで、こんなにも多くの特典が受けれます、皆さんもイオン経済圏で生活してみませんか?