セミリタイアへの道のり

育児、節約、投資、旅行中心です

【節約・貯金】これだけはやってはいけない!家計管理法

こんにちは、ぺんです。

前回の記事では我が家の家計管理法を書きました。 

 

www.seasnack1.com

 

今回は、我が家が以前試して失敗した方法や、知り合いが行って失敗した方法を紹介します。

 

1.現金を入れた共通財布を作る

これは我が家が以前試して失敗した方法です。

 

失敗した理由としては、お出かけ時に現金で払ったきり、レシートをもらい忘れたり or 出店や屋台だとそもそもレシートが存在せず、帰ってきたあと家計簿に入力しようとしても金額を忘れる or そもそも入力自体を忘れることで、家計簿が合わなくなることです。

 

妻は大雑把な性格なのであまり気にしませんが、私は非常に几帳面な性格で、一の位まで合ってないと気が済まないため、これで仲が険悪になったり…

 

これはいけないと思い、各自で一旦建て替え、家計簿(マネーフォワード)に入力して後日イオン銀行から振替方式に変えました。

 

これによって、各自忘れたら自分のお小遣いが減るので、ちゃんと家計簿に入力するようになりました。

 

2.合算法ではなくそれぞれ法を採用する

合算法:各々のお小遣いを給料から引き、残りを生活費や貯金に廻す

 

それぞれ法:生活費や貯金の拠出額を予め決めて、残りは各々のお小遣いにする

 

それぞれ法の方が貯金額が一定なので、計画は立てやすそうに見えますが…決定的な弱点があります。

 

実際に失敗例を挙げてみましょう。

 

例えばある夫婦がそれぞれ法で家計を管理しているとします。

 

ある時、夫が自分のお小遣いで高級時計を欲しくなりました。その時どう考えるでしょうか?もちろんお小遣いを貯金しますよね。

 

しかしできるだけ早く欲しいのが人間です、きっと夫はこう考えるでしょう「そうだ!残業を増やして自分のお小遣いを増やせばいいんだ」。

 

こうなるとどうでしょう、真面目に早く家に帰り、家事をしている妻はバカらしくなってきますよね、自分だけが家事をしているのに、お小遣いは少ないままなのですから。

 

f:id:seasnack1:20191023222801p:plain

 

結果として不公平感が生まれ、妻も残業するようになり、家事を誰もやらなくなり、破綻です。

 

まとめ

 以上の理由で、我が家は現金払い時は各自建て替えの合算法を採用しています。