セミリタイアへの道のり

ゆくゆくはeMAXISおじさんと呼ばれたい

【旅行】はたらくくるま大集合!@おもちゃ王国(岡山)は車好きな子供にオススメのイベント!

働く車が集まるイベントって、子供達に大人気ですよね!
息子も車が大好きなので、絶対喜ぶだろうと楽しみに行ってきました。

おもちゃ王国のこのイベント、毎年この時期に行われているようです。
どんな車が来るの?混雑状況は?と気になる方もいらっしゃると思いますので、詳しくレポートしていきます!


日時:2019年10月12日(土)〜10月14日(祝)
場所:おもちゃ王国(岡山県玉野市)
費用:おもちゃ王国の入場料のみ。追加費用は不要。おもちゃ王国の入場料はこちら


開園(10時)の15分前に到着。
既にチケット売り場、入場ゲード前はこの人だかり...!

f:id:seasnack1:20191020084303j:plain

いつもより1.5倍くらい混んでいます。
みんなはたらくくるまに来たのかなーと思いましたが、イベント会場に向かう人は多くありませんでした。三連休だったので混んでいただけのようですね。

さて、はたらくくるまの会場は、おもちゃ王国内の一番奥にあります。
地図で言うと白丸の部分(野外ステージ)です。

f:id:seasnack1:20191020082030p:plain

地図はおもちゃ王国HPより借用


会場に入ると、まずはおもちゃ王国の車やバスが置いてあります。

f:id:seasnack1:20191020084625j:plain


その次には業務スーパーのブースがあります。お手伝い(ポップ作り体験)をするとお菓子がもらえるようです。

f:id:seasnack1:20191020091909j:plain


さらに進むと、犀バスとノーマルが。
犀バスというのは、両備バスの前身である西大寺鉄道で使用されていたバスを再現したものらしいです。レトロでオシャレですね。玉野営業所管内で不定期に運行してるそうです。詳しくはこちら

f:id:seasnack1:20191020084655j:plain


一番人気だったのが、ロールオーバー体験車です。車の横転や衝突を体験できるようでした。少し大きい子向けですね。

f:id:seasnack1:20191020085805j:plain

自衛隊の車に乗る際には、自衛隊の制服を着させてもらえました!海上自衛隊、航空自衛隊、陸上自衛隊の制服がそれぞれあり、子供が着ると何とも愛らしい。
うちの息子は、よっぽど嫌だったのか、激しく泣いて抵抗。けれど、自衛隊のお兄さんにシールを貰ってご満悦でした。

ミキサー車は、運転席だけでなく、コンクリートが出てくる部分や、ローラーの近くにも座らせてもらえました!

f:id:seasnack1:20191020092231j:plain


他にはこんな車が来ていました。(抜けがあるかもしれません)
高速道路巡回車
高所作業車
クレーン車
ショベルカー
フォークリフト
ダンプカー
タンクローリー
ごみ収集車
タクシー
引っ越しトラック
大型トラック
カバ車(カバヤの宣伝カー)
レースカー
教習車
※他の日は、パトカー・消防車・救急車・白バイも来ていたようです。

どの車も乗車体験をさせてもらえました。
普段近づくことすら出来ない車に、子供達は大興奮。あちこち触ったり、運転席に座ってみたり。クラクションを鳴らしまくる子もいて、係の人がちょっと困り顔だったり...笑
バスでは運転手さんの帽子、アート引越センターの車ではあの青と白の制服、といったように、ユニホームを貸してもらえるところもありました。
ユニホームを着て車に乗る可愛い我が子の姿に大人はデレデレ。みんな写真撮影に夢中でした。
体験コーナーも用意されているので、結構大きい子(10〜12歳くらい?)でも楽しんでいたようです。
一部の車の所では、ノベルティが貰えて、大人もちょっと嬉しい。バスではタオル、引っ越し車ではボックスティッシュを貰いました

はたらくくるまのイベントってあちこちで行われていますが、どこも大人気で、消防車と写真撮るのに30分待ち!とかもありますよね。
おもちゃ王国のイベントはそんなことはなく、どの車もちょっと待てばすぐに乗れました。大体2〜3人待ちという感じです。
車好きなお子さんには、間違いなくオススメです!

ところで、とにかく車が大好き、家でも保育園でも車のおもちゃで遊び、外に出れば車ばかり見ているウチの息子はというと...。
はたらくくるまの会場に入った途端、テンションだだ下がり。私の足にしがみついたり、泣き叫んだり...。
ずらっと並んだ大きな車たちにびっくりしたようです。
1歳半にはまだ早かったかな...?
早々に切り上げてトミカコーナーに移動しました。
やっぱり小さい車が一番!な息子でした。